HOME  >  授業の特徴 > 授業の内容(講義授業)
実習授業 講義授業 課外授業
           
PCリテラシ・・・・・・・・・・・・ 今はパソコンが必要不可欠な時代です。パソコンを使った事のない人でも安心して授業を受けられるように操作方法を一から学んでいきます。

就職ガイダンス・・・・・・・・・ 就職に対する心構えを身につけていき、面接練習なども行い、就職に対する意識を、年間を通じて高めていきます。
自動車とエンジンの発達
自動車の発明から現在まで  自動車の発明は諸説あるが、一般に1769年の蒸気自動車といわれており、ガソリン自動車が発明されたのは1886年のカールベンツが最初である。その後1908年にアメリカでヘンリー・フォードが「フォードmodelT」を大量生産したことで拍車がかかり現在のように量産されるようになった。日本では1933年日産自動車、1936年トヨタ自動車が相次いで国産車の生産を始めている。
このような自動車の歴史を学び現在の自動車との比較から最新技術が生まれた背景を学習します 。
自動車用語の基礎知識・・・・・ 自動車に使用される用語の解説をしていきます。
自動車専門リテラシ・・・・・・・・ ワープロ、表計算、プレゼンソフトなどの活用方を学びます。
自動車の仕事と出力・・・・・・・ 出力や車速などの計算を学び、図が読めるように学習します。
自動車図面の読み方・・・・・・・ 2D-CADと自動車製図の学習をしていきます。
動力伝達装置のしくみ・・・・・ クラッチ、ミッション、デフの構造作動を学びます。
列型噴射ポンプのしくみ・・・・・ ディーゼルエンジンの燃料装置を学びます。
エンジンの付属装置・・・・・・・ ターボチャージャやスーパーチャージャなどの過給機について学びます。
大型車両のブレーキ装置   ディーゼルエンジンのしくみ
ブレーキの作用と原理   電子制御サスペンションのしくみ
エンジンの燃焼と性能   エアコンディショナーのしくみ
自動車工学演習   ステアリング機構のしくみ
電子A/Tの制御機構   排出ガス浄化装置のメカニズム
整備法規   自動車の検査法規
ABSの作動と特性   自動車の法令
二輪車の構造と特性
自動車と二輪車の違いは単にタイヤの数だけではありません。それぞれに特徴のある装置を必要としています。その特徴を二輪車側の視点から学習することでそれぞれの構造を深く理解します。二輪車には構造上の制約が数多くあります。それを克服するために、高度な技術で対策を施してきた歴史の集大成が今の二輪自動車です。
CADによる部品作図

1年、2年にわたり段階を追って3D-CADでの作図の仕方を学んでいきます。簡単な題材から始まり自動車部品、工具など身近なものを3Dで描きます。センスのある学生は自動車丸ごと描くことも可能です。 開発・設計関係の仕事につくためにも3D-CADの基本的な作図方法はある程度必要です

自動車回路と測定器
自動車の内部には人体の血管のようにワイヤーハーネス(電線の束)が張りめぐらされていて、その長さは1km以上といわれています。 また現在の自動車は、コンピュータ制御が行われ、さらにネットワークによって結ばれています。 このような現在の自動車に、スパナだけで立ち向かうのは整備士としてとても心細いものです。というわけで、この講義では電子装置を構成する半導体に関する知識、(回路の理解、デジタル回路(論理回路)についての知識を習得するとともに、自動車に実際に使用されている回路を研究し、電子に強い未来のメカニックを目指します。 電子というと難しく感じますが、回路図は迷路(パズル)や(人生)ゲームのような楽しい仕掛けがいっぱいで、時間を忘れてハマります。また、理解できたときの喜びはひとしおです。
自動車の性能曲線図
自動車のカタログには出力(馬力)やトルク、燃費などがかかれていますが、走行してみると実際とは違った数値だったりすることがあります。これは乗り方や使用方法といった測定条件の違いにより生ずる誤差ですが、詳しいカタログによく載っている表(グラフ)があり、ここにはエンジン回転数等の条件も入った状態でエンジンの出力や燃料消費率等を読み取ることが出来ます。この表の見方、使用方法、作成方法を学習します。
過給機の知識
エンジンのパワーはトルク(回転力)×回転数です。 市販のエンジンで回転数の限界を上げるのは難しい技術ですが、トルクを上げるのは意外と簡単です。 単純に言えば、できるだけ多くの混合気(燃料と空気)をエンジン内部に詰め込めばいいのです。それを行うのが過給機です。 身近な過給機として「ターボチャージャ」「スーパーチャージャ」を取り上げ、そのしくみや作動原理、問題点などを理解し、チューニングやメンテナンスに役立てられるようにします。
競技車両と競技エンジンについて
一般に公道を走る自動車とレースで使用するレーシングカーはどこが違うのでしょうか?車体の形状が違うだけでなくすべてのメカニズムが先進的で最新技術がたくさん使用されています。エンジン、ブレーキ、サスペンションなど日々進化しています。また法律の面でも一般車とレーシングカーでは規制に差があり、最高速度、排気音、有害排出ガス、燃費などは比較的緩くなっています。 これらの差を一般車と比較しながら学びます。
4WDとLSDのしくみ
4WDとはfour Wheel Drive、4輪駆動車のことです。普通のクルマは前か後ろの2輪で駆動するのに対して4輪すべてに駆動力が加わると悪路走行するときなどにスリップを起こしにくくなり走破性が高くなります。  LSDはLimited Slip Differentialの略で左右どちらかのタイヤがスリップして空転しそうになったときに反対側のタイヤに駆動力を伝えることで空転を抑える装置です。悪路走行時や高速コーナーで威力を発揮します
ハイブリッドのしくみ
ハイブリッドとは「混血」という意味で、関係のない2つの物を組み合わせ良いとこ取りすることです。ガソリンエンジンの良いところと電気モーターの良いところを合わせたのがハイブリッド車です。 ガソリンエンジンは発進加速が苦手だが高速走行は得意で、電気モーターはその逆。つまりこの2つの特性を上手に利用するととても良いことができるということです。その結果発進から加速、高速走行までパワフルで無駄のない走行が可能となりました。そんなハイブリッド車のメカニズムを学びます。